ゼロマザーズ(テラヘルツヒーラー) > ミッキーのマジック3 MM3 トラウマティック

[前の商品] [次の商品] >

ミッキーのマジック3 MM3 トラウマティック

2019年 4月 3日(水)22:00〜 発売開始
6台限定

かつて1時間で完売した ミッキーのMM3 再び!
最高の製品が誕生したので再発売します。

先着6名様  8,640円のサプリメント
プレゼントします。


大人気にて品薄
受注生産 1週間ほどお待ち下さい。


誰にでも発生するストレスを軽減!

「あ〜あ楽になった」という
人が続出


過去の嫌な引き出しを整理し、輝かしい未来の引き出しを作り出します。


周波数治療がもたらす
近未来思考


MM3/TRAUMATICの起源
 

近年では周波数治療・療法が確立されつつあり、薬に頼るだけでなく、
未来の治療法として周波数が注目されておりますのは事実です。

メンタル面だけでなく、フィジカルにもDNAから働きかける
周波数があることも実証されつつあります。

 

これはDVやハラスメントだけに特化したものではないのです。
発案にあたり、いろいろな話が出てきました。

もちろん実話の家庭で起こっているDVの結末の話、
結構話題になっている
書籍「夫のちんぽが入らない」について真剣に意見交換した経緯もあります。

さらには、いま問題とされるセクハラ・モラハラ・パワハラ等々、ハラスメントについても、さまざまな意見交換をしてきました。

 

パターンは違えど、リアルなご夫婦間にある悩み・・・悩んだ末のあきらめや妥協。お互いに期待をしないで過ごす暗黙の了解。

男女を超えた家族としての在り方。 などなど・・・
そのような切実な問題をどのようなカタチが最良なのか、あるいはベターなのかを話し合ってきた経緯もございます。

 

夫婦のカタチが様々であることと、修復や、違った愛のカタチ
などもあるという、気づきに至るまでの、壮絶な夫婦の葛藤の
話もありました。


 

だからこそDVやハラスメントだけの問題とは捉えず、
お互いが尊重し合う上で、そこに行き着くまでの経緯や、
お互いや家族の心情を踏まえた結果、そこから先のことも考え、
自分自身を見直すアイテムとして開発に取り組みました。


 

まずは物理的作用をもたらす実験に着手。 実際にトラウマに効く
周波数の候補を割出し音鳴らしと脳波の動きの測定を実施。

アルファ波、ベータ波、シータ波、デルタ波等がどの様な
波形を見せるかという実験も兼ねます。


 

クリスタルボウル、音叉、周波数発生器による脳波の変化を記録している様子

通常ならジェネレーター(周波数発生装置)だけでもテストは行えましたが、リアルに生の楽器や、音叉の音も取り入れて行ったのは、誰でも空気の振動でより感じやすくするためです。 ただこれを24時間365日聴いていると、感覚がおかしくなってしまうのと、テスターを頼んだ人たちも、長時間の「音」として聴くのは、耐えられないというのが本音でありました。

そして倍音、オクターブを調整してからの実験を繰り返し、3つの周波数が決定しました。


トラウマを解消する周波数SYSTEM
   【432Hz】【639Hz】【136.1Hz】

最終的に13通り・周波数のレート数で約120種となりました。
その間、賛同者との意見の相違でペンディングになってしまったり、
たった1Hzの違いの迷い、葛藤があり、いかに人間のもつトラウマや、
ハラスメントの問題解決が難しい事なのか実感いたしました。

失敗も多数重ねてきましたのでレートの総数は200種以上の周波数で
テストを重ね検討しました。

周波数は電池を入れただけで、24時間365日発信を続けます。
もちろん電池交換(自社テストCR2032は約50日稼働)は必要です。


 


■ 自然界・DNAコードの法則 432Hz
 

「432Hz(A)チューニングピッチの響きは、宇宙の規則性と数学的に一致する周波数だ」と、エジソンと発明技術を競っていたニコラ・テスラも言っていたと聞きます。
 

簡単に説明すると・・・(A)=ドレミファ・・の「ラ」の音。

現在、音楽業界における、いわゆるチューニングピッチ・周波数の統一
は440Hz(A)というのは音楽をかじった人ならどこかで
聞いた事があるかと思います。

これも諸説あり、戦時中にアメリカやナチスが導入したとされていますが民衆へ向けて洗脳工作の仕掛けとして、音楽の周波数を一斉に440Hzに上げたとされています。

 

ジョン・レノンの暗殺事件の真相にも440Hzが登場しますが
これも尾ひれがついてしまい定かではない都市伝説です。

ただ1953年にISO(国際標準化機構)によって440Hz(A)
が統一されたのです。

 

音楽においては、もともとは432Hzという自然の響きである周波数だったのです。
 

究極の癒しの響き432Hzとは・・・

432Hz(A)は数学的な宇宙のパターンと一致している。
 

432Hz(A)チューニングピッチが、宇宙の規則性と共に振動し、光・時間・空間・物質・重力など生物学に対する重力磁気、さらにDNAコード、意識の特質の統一することが明らかにされています。
 

A=432Hzが、よりリラックスできる音だと感じるのは、それが宇宙と調和し、呼吸や脈拍の周波数と共鳴しているからなのです。
 

432Hz(A)の周波数を受け続けることによって自然体に戻します。世界中の人々が、大きな権力を持つ何者かによって、意図して失われようとている、全脳シンクロ状態を蘇らせます。

つまりDNAコードを呼び覚まし、「洗脳」の解除や、元の(自然)
の状態の人として、精神も自然の状態に戻せるようプログラムに
組み入れました。

 

MM3(Traumatic)では432Hの周波数は、これから創る「未来」に、
過去の出来事や、トラウマを引き起こす原因は、過去のものとして
捉え、引き出しに仕舞っておく作用をもたらします。

つまり、これから起る・創る「未来」は過去に囚われない、
新しい「引き出し」を作ることなのです。 「自然界・DNAコードの法則 432Hz」は、失われていた本来の自分、ありのままの自然体の自分、
新たに一歩踏み出すための「意識改革」を起こす準備作用を促します。

 


■ ソルフェジオ周波数639Hz
 

639Hzは、お馴染のソルフェジオ音階の周波数でして、
528Hzは今まで多用しております。

その中でも第4チャクラに関係してくることもあり今回トラウマの解消に欠かせない周波数としてプログラムしました。

 

まず第4チャクラのテーマ

互いを許し、愛を深め、愛を受け入れ、愛を与え、人とのつながりを癒し、関係を修復してくれる。 肉体意識と宇宙意識との調和、バランスを
とる働きがあり、高次の欲望を成し遂げる段階レベルというものが
あります。

 

マズローの欲求5段階レベル

肉体意識と宇宙意識との調和、バランスをとる働きがあり、
高次の欲望を成し遂げる段階レベルというものがあります。

 

「生理的欲求」

「安全欲求」

「社会的欲求(帰属欲求)」

「尊厳欲求(承認欲求)」

「自己実現欲求」

いわゆるマズローの欲求5段階レベルというものがそれにあたります。

 


第4チャクラにブロックがある場合
 

※あなたも当てはまるか考えてください。
 

◆自分以外の家族・他人を独占したくなる独占欲求、
自己承認欲求が起る。

 

◆過保護、偏った愛情表現をしてしまう他者を支配したい
思い通りにしたい。

 

◆周りの人の感情に敏感になり過ぎて異常に反応してしまう。
 

◆他人の感情を自分のことのように感情移入してしまう。
 

◆同席する人の怒りや恐れといったマイナスのエネルギーと
共感してしまう。

 

◎怒りを感じることは良くない。

◎マイナスな感情は良くない。

これらを感じなかったことにしよう。

というように、感じたことを素直に味わい、表現することにフタをしていると、チャクラが次第にブロックされてきます。
 

それらの感情や欲求を「封印」せず、自分自身に理解を求め
許すことが大切で、あるがままの感情を感じることを許すと、
あるがままの自分を許せるようになり、そのままの相手を
許せるようになっていきます。

 

これらを【当事者】と【対象者】の双方の繋がりの認識と、
間違った方向を修正するための、意識改革とこころの治癒を促します。

 

「エゴだからいけない」という人もいますが、自我(エゴ)があるからこそ人間です。自我(エゴ)が目覚めるとともに、癒えていない自分の中の何処かに開いたまま残っている【心の傷】を癒し塞がなくてはいけません。
 

それらをケアするためにも必要な周波数なのです。
 


■ 一番短くて身近なマントラ
「OM(オーム)」136.1Hz

 

「OM(オーム)」というのはインドでは聖音とされ、サンスクリット語の【AUM】。

宇宙の始まりの音とも言われてます。これを自分で唱えるだけでも、心が落ち着き、地球上においては大地と繋がり、地球が太陽を周る周期の1年間を、秒換算すると365日と5時間48分45秒、それを可聴領域へ32オクターブ上昇させた周波数なのだそうです。

 

「OM(オーム)」は神に属さない特質のないマントラ

この周波数「OM」は神を崇めるものではない、どちらかというと特別な性質をもたないマントラであることから、宗教の境もなく、よりナチュラルな周波数と言えるでしょう。
 

「OM」は音叉も数多く出ていますが、音叉に合わせて「アンウゥ・・・」とちょっとうなるような発声になりますが、
この周波数を唱えると治癒の効果が倍増し、
筋肉や神経の緊張緩和をしてくれますのでリラックス効果もアップします。

音のセラピーや音楽療法の一つとしても知られています。
過呼吸症候群や、自律神経にも効く、いわゆる精神の安定をはかる
治療の周波数と云われています。

 

筋肉が動く・固くなるというのは精神的な緊張からくる
ストレスでもありますから、それらを緩和させることは
重要と考えます。プログラムにはぜひ加えたい周波数と
してセレクトされました。

 

【432Hz】で、過去の出来事がトラウマとならないよう、
引き出しを作る作用。 【639Hz】では、自分が何を望んで
悩んでいるのかを認識するための感情や欲求を「封印」せず出す作用。

そして【136.1Hz】で自身の意識の改革を起こすための、心のケアと改善。過去の整理、さらに一歩進むための決意と勇気を引き出します。

 

これらが繰り返されることで、まず自身の精神的な不安要素
を取り除き、繰り返される負の連鎖や、せっかく良いエネルギー
の流れが出来たのに、そこにスピン反転が起きないよう回避します。


 



殆どの人は、今起こっていることが、うまくいかないのは「過去の出来事のせいだ!」と、過去のことを理由付けにしてしまう傾向があります。

それが原因であっても、すべてそれを理由にしてしまうのは、
正直勿体ないですよね。

 

例えば、「私にはそんな過去があるから・・・」と言っても、
いまそこにいる人と、15分後に起こる未来に、過去との関連性
は殆どないのではと思います。

 

新しく創る未来には、新しい「引き出し」を作って整理すれば、
もし過去との関連性が有ったとしても、その過去と本当に繋がりがあるか、確かめるための紐づけが、確実なものになるはずです。

 

そのお手伝いも兼ねているのがMM3/Traumatic(トラウマティック)
です。

 

【432Hz】【639Hz】【136.1Hz】を
組み合わせて構成した神聖幾何学図

 


表側の神聖幾何学やエンブレムについて

観てすぐ解る人もいらっしゃるでしょう。

でも無理に意味付けることもありませんし、
これらの図形の意味を理解する必要もありません。
ただ感じて頂ければいいのです!

 

ムーラーダーラ=ROOT CHAKRA(第一チャクラ)のシンボル採用
神聖幾何学や、このシンボル採用には深い意味があります。

 

432Hz→639Hz→136.1Hzの周波数をループさせて、
より効果的に働くようにするには視覚的に作用する
「スイッチ」が必要です。

つまりグラウンディング機能を持たせるために、
ムーラーダーラの金属製シンボルを採用しました。
さらにスタビライズド処理(樹脂を注入して石そのものを
強化を施す処理)された、ターコイズ(トルコ石)がマウント
されています。


ターコイズは自己実現を助けることから「旅立ちの石」と言われ、
危険や邪悪なエネルギーから持ち主を守り、道中の安全と、
さらに勇気と幸福をもたらしてくれる石です。

【旅立ち】つまり新しい一歩を踏み出すための守護石となります。

 

Inside (内部構造)

内側の構造につきましては、これもゼロマザーズ・アイテム特有
である機能しているかどうか判るように「ブラックボックスは作らない」を実施します。

どんな周波数が出ているのか、また構造上は理解できないとしても、
ご納得して頂けるようインサイドをオープンとします。


 


MM3(inDeep)の構造に似ていますが、MM3/Traumaticに
つきましては、前方裏部分の前面にもアルミを張り、
銅テープ枠を貼っています。

これは抑えられなくなっている自我(エゴ)を外に出て、
巻き散らかさないよう施しております。

【内部には3つの鉱石を置き、鉱石の効果もINSPIRE】


・イエローカルセドニー

心を穏やかに、寛容さをもたらし、災難時においてもプラス方向へ導く効果があります。 強い浄化作用があり、ネガティブなものやネガティブな感情を吸収する効果を発揮しますので、トラウマティックには必要な作用と考え採用しました。
 

・蛍石(フローライト)

今回採用した蛍石は、レンズ会社が造る人工的に加工された石です。 なぜ人工の加工石を使うのかというと…「ホメオパシーペンダント」でもご紹介した、不純物を取り除く加工が施されカメラレンズに必要な透明度が望めます。

従って【集光率】【透過率】を向上させ、【屈折率】を抑えられるのです。
ブラックライトを当てると人口の蛍石はよく光ります。
エネルギーを吸収して自ら発光する・・・それは自発的に自立に向かう「光のエネルギー」に変換する作用を促すのです。

 

・ガーネット
 

ガーネットという名前はラテン語の「種子」「種のような」を、意味する言葉が由来になります。 血族(家族・種族)で起るハラスメントやDVには必要な要素であり、解決に導くための「種」となります。 困難や大きな課題を前にしても、持ち主に忍耐力を与えて前向きに乗り越えるよう
サポートしてくれる石。



周波数・神聖幾何学・鉱石の要素を加え、内部構造もさらに
カスタマイズさらには実験の繰り返しと、フィードバックにより
完成したのがMM3/Traumatic(トラウマティック)です。

 

これらは、受けている側の人間・・・つまり受けている「対象者」
が身に着けていても、効果を発揮します。 理由は至ってシンプルで、
そんな「当事者」を容認している自分がいるからです。

 

大きく分類するなら「人間関係」である以上、DVやハラスメントは、
上下関係が成り立っている上で、その矢先に「対象者」がいない限り
起きないからです。

 

実際には、「当事者」に着けて欲しいと思いますが、危害を加えている
という【意識】が足りない以上、そのようなものは必要ないと、
きっぱり言い切る傾向にあります。

 

つまり自分(対象者)を通して、同じ周波数の効果が発揮できる
アイテムとして開発を進めて参りました。

 

そして、自身の意識改革も必要です。過去に受けたトラウマが在ると
するなら、それは過去の引き出しを作って分類し、未来には未来の
新しい引き出しを作り、ひとつずつ進むことが望ましいのです。

周波数の物理的作用の力を借りて「MM3/Traumatic(トラウマティック)」で、実現できると確信しています。これ以上ない設定と考えて
作りましたので、気になる要素がありましたらお奨めいたします。


 



MM3/Traumatic(トラウマティック)は、
他のMM3シリーズと併用してお使いになって
も構いません。


よく周波数がぶつからないか?というご質問がありますが、
周波数は階段で云うと2Hzが2段目、10Hzが10段目・・・170Hzが
170段目という感じです。

 

その他、共振して出来る周波数(シューマン波でお馴染みの7.83Hzなど)や、音にすると発生するバイブレーションなどもありますが、
採用した周波数はすべてテスト済みですのでご安心ください。

 

同時に使う場合・・・例えばお出掛けのときは、バックの中に「MM3/Traumatic」、衣服のポケットなどにMM3(Reborn)や、MM3(inDeep)を入れる。 またご自宅などでは並べて置いても
差し支えありません。



ポーチの色を選んでください。

ブラウン
スカイブルー


オレンジは現在扱っていません。

MM3(Traumatic)トラウマティック

 

定価 : 46,800
価格 : 46,800円(税込)
ポイント : 100
数量    在庫確認
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
ポーチ 色

選択
ブラウン在庫あり
スカイブルー在庫あり

 10000円以上は配送料無料

お気に入り登録

友達にメールですすめる

商品についての問い合わせ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません