HWT(ひなたの)ガイアレゾナンサーなど > 北斗九星ブレスレット ー 瀬織津媛との結び ー

[前の商品] [次の商品] >

北斗九星ブレスレット ー 瀬織津媛との結び ー

5月 20日(月) ラストセール

残り10セット
無くなり次第販売終了とさせていただきます。

グラアルブレスレットより何倍もグレードアップした
平成最後の最強ブレスレット

 

あの北極神界に輝く最強エネルギー を受け取ることが出来るブレスレット


北斗九星ブレスレット ー  瀬織津媛との結び ー





天帝として最強の エネルギーをもつ北斗九星

北斗九星は菊理媛を意味します。菊理媛イコール弁財天であり即ち瀬織津媛です。北斗九星ブレスレットは瀬織津媛と神縁を結び、加護賜わるプログラムを封入記載しました。

瀬織津媛は出会い(関係性)と祓い清めを司ります。



開発エピソード

以下はわたしが神様から伺った話で、一般的な定説ではありません。北斗九星と菊理媛、瀬織津媛に関して神様から伺ったのは下記の経緯からです。

わたしがミコトモチとして活動していた時、沖縄久高島に行く御用をした時のことです。不思議な巡り合わせでとんとん拍子に久高島にたどり着き、島の中ほどの神様の指示した場所に向かいました。



人の背丈よりも高い樹々に陽が遮られ、昼なお暗く鬱蒼とした小径を進んでいると、何処からともなく数匹の蝶が飛んで来ました。関東ではあまり見かけない、派手な色をした大きな蝶です。


その、南方らしい雰囲気に気を良くして更に奥へと進むと、蝶もわたしの右側を飛びながらついて来るではありませんか。



気を良くして、蝶を引き連れたまま進むうちに、あちらこちらから蝶がやって来て更に大きく群れはじめました。

既に、わたしの背丈と同じくらいの大きさの蚊柱状になった蝶の群れが、わたしの右側を一定の距離を保ちながら何処までも随伴します。


流石に奇怪に思い、久高島の神様が押しとどめようとする意思なのかを問うと一言、「歓迎している」と仰います。

なるべく気にしない様にして目的地まで行き、無事指示された通りに御用を済ませました。すると不思議な事に、あれだけ付き纏ってきた蝶の群れは全て飛び去っていなくなったのです。



本土に帰った後に調べたところ、蝶は沖縄では神様の使いとされているそうです。

久高島の御用は埋没神に関する事でした。当時は、多数のミコトモチが、日本全国を同じ御用で飛び回っていると聞いています。

その時に神様から伺った中に、北斗九星と北極神界、菊理媛、瀬織津媛のお話しがありました。




菊理媛はキキキル(聞ききる)神ともククル(括る)神とも曰れていますが、宇宙神界においては関係性を結び引力を司ります。

星と星をククル神なのです。宇宙神界の最高極である北極神界に属する北斗九星をもククリ司どります。

北斗九星は地球に龍体として日本列島として顕れています。世界は「型」により相似形に移写された「うつし」です。



北斗九星が地上に移写したものが日本列島なのです。

地上では白山神界に在わす菊理媛ですが、
その働きは瀬織津媛となります。


下記は廣田神社(兵庫県西宮市の最も古いとされる瀬織津姫を祀っている神社)にかかれたご利益・御神徳です。

ご利益

水難防止
縁結び
勝運合格
開運隆盛
子授
安産
文学歌謡
厄災消除(厄除け)
立身出世
交通安全
罪障祓滅
先導開拓

瀬織津媛と神縁が結ばれると上記の加護を賜わります。


ー 北斗九星とは ー

北斗七星に「左輔(さほ・輔星・8番目の星)」と「右弼(ゆうひつ・弼星・9番目の星)」の二つの星を加えた「北斗九星」となります。九星はそれぞれが、貪狼星(一白)、巨門星(二黒)、禄存星(三碧)、文曲星(四緑)、廉貞星(五黄)、武曲星(六白)、破軍星(七赤)、左輔(八白)、右弼(九紫)に対応しています。

また、北斗九星は北極老人の在わす北極星を加えて十全となし北極神界を形成します。

地球神界では日本列島は龍体であり、即ち北斗九星のうつしです。



陰陽師、安倍晴明も 採り入れた北斗九星術

古来、中国では、北斗七星の動きが自然現象や様々な人為 的な出来事に連動する事実が観測され、人の吉凶や浄化をつかさどる神秘的な存在として注目されてきました。そこで生まれたのが、人の運命を「本命星」と「元神星」から知る「七星占術」です。

 さらに北宋時代の道教の書である「雲笈七籤」で、この「七星占術」をもとに、「北斗九星占術」が体系化されました。

これは、北斗七星の「陽明星、陰精星、真人星、玄冥星、丹元星、北極星、天関星」の7つの星に洞明星、隠元星を加えた「北斗九星」によって人の運命と物事の吉兆を判断するものです。この「北斗九星占術」こそが、後の「九星気学」の基にもなりました。

 かの有名な陰陽師、安倍晴明も採り入れたのが、この北斗九星占術です。安部晴明の兄弟子の加茂保憲と宿曜師の法蔵が、村上天皇の本命星などをめぐり、生まれた日と生まれ月のどちらの本命星を重視するか論争を起こすなど、平安当時から多くの陰陽師や天文家が研究し、日本の歴史を動かしてきた道教の秘儀こそが北斗九星占術です。



北斗九星ブレスレット ー
瀬織津媛との結び ー
23,000円税別

素材  チタン

フリーサイズ

ピンクゴールド一

 


 

製造元 : HWT
定価 : 25,300
価格 : 25,300円(税込)
HWT0038
ポイント : 50
数量    残りあと8個
 

 10000円以上は配送料無料

お気に入り登録

友達にメールですすめる

商品についての問い合わせ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません